バリアフリー現状・バリアフリー問題点・バリアフリー課題・バリアフリー対策・バリアフリーまちづくり・トガキクヨ・ドットコム

 

||| 15. 2006.9.15 広報にしよどがわ 西淀川区自転車対策検討連絡会
平成17年4月に放置自転車禁止区域に於ける放置自転車について、声を挙げました。
最初は、市役所公営所、西淀川警察署、国土交通省、スーパー、私鉄、JR、区役所等々に申し入れからスタートしました。
自転車を使っている方々に、安全に通れるはずの歩道を占拠する権利は有りません。
視覚障害者、車椅子使用者、高齢者や子育て中のお母様方が安全に通ることの出来る歩道を取り戻そう。
おおむね1年かかって、とうとう区役所の区民企画室に、西淀川自転車対策検討連絡会が設立されました。
今は、オブザーバーとして参加しておりますが、10月2日から阪神電鉄千船駅周辺の放置自転車一層に向けての取組みが始まります。
ユニバーサルデザイン環境を作り上げて、放置自転車対策モデル地区になってください。
大阪日日新聞2006.10.30掲載

広報にしよどがわ9月号
「千船駅前さわやかまちづくり」はじまる
10月2日から阪神電鉄千船駅周辺の、放置自転車一掃に向けての取組みが始まります。

自転車に占拠された歩道の写真
阪神千船駅高架下、自転車に占拠された歩道
自転車に占拠された横断歩道の写真
自転車に占拠された横断歩道の写真

千船駅周辺放置自転車が、どのように一掃されていくでしょうか?
住民の意識の向上にかかっています。

  
  
  
  

これが10月2日の状態です。自転車は、駐輪場に入りました。

この道路には、歩道が有りません。この件は、平成17年4月から申し入れしておりますが、未だに大阪市は放置しています。
車椅子使用者には、安全に通ることの出来る歩道は有りません。
自転車の方にとっても安全に通ることの出来る歩道は有りません。
車道を優先して、歩道を作る気は無いようです。
1年以上も、この歩道に関しては回答すら帰ってきておりません。
ここで事故が有った場合には、大阪市の責任を追及したいと思います。

>> 活動報告一覧に戻る
 
 
▲このページのTOPへ
トガキクヨ・ドットコムのTOPページへ
copyright 2006 プチハウスななAll rights reserved.