バリアフリー現状・バリアフリー問題点・バリアフリー課題・バリアフリー対策・バリアフリーまちづくり・トガキクヨ・ドットコム

 

||| 野田阪神駅前改修
国土交通省に以前から、放置自転車の件で申し入れしていました。
地下鉄の野田阪神駅のエレベーター前には、国際シンボルマーク(通称車椅子マーク)が表示されましたが、
まだ心無い方々が自転車を止めて行きます。
点字誘導ブロックは、放置自転車に占拠されて、視覚障害者には安心して通る事が出来ません。
点字誘導ブロックを移動させて、エレベーター前にはポールが設置されました。

エレベーター前の国際シンボルマークの写真
エレベーター前の国際シンボルマーク
新しく移動された点字誘導ブロックの写真
新しく移動された点字誘導ブロック

ここまで改修しない限り、安全に通る事のできる歩道が無い事に気がついてほしいと思います。
大阪市の条例で放置自転車の定義は、自転車の所有者がすぐに移動できない状態
自転車を放置することは、条例違反です。
みんなが駐輪場に入れるだけで、放置自転車はなくなります。

>>   

  
お問い合わせ
 
 
▲このページのTOPへ
トガキクヨ・ドットコムのTOPページへ
copyright 2006 プチハウスななAll rights reserved.